Post image

ペケーニャ・オルケスタ・レインシデンテス 『トラーヘ(服)』(2005)

◆11/20発売の『ラティーナ12月号(2007)』(P.101)より◆●ペケーニャ・オルケスタ・レインシデンテス Pequen~a Orquesta Reincidentes『トラーヘ(服)』(2005) 日本で公開のウルグアイ映画「ウィスキー」のサントラ演奏でも注目されたペケーニャ・オルケスタ・レインシデンテスの少し前の作品、サントラに使用された曲が収録の最新CD『Capricho』は2007年7月号掲載...

Post image

マルセロ・サン・ファン Marcelo San Juan 『夢のアクセル』

◆11/20発売の『ラティーナ12月号(2007)』(P.101)より◆●マルセロ・サン・ファン Marcelo San Juan『夢のアクセル』 もう相当なベテランの領域に入る歌手なはずなのに、爽やかで甘い歌声と、アレンジがアルゼンチン版稲垣潤一か?徳永英明?と感じさせるアーティスト。ロック~ジャズ~タンゴのアルバムを作った後、5年ぶりの本作では自作のラテンポップが中心だが、タンゴ・テイストある曲も収録...

Post image

ベト・サトラグニ Beto Satragni 『エコロジカル(カンドンベ・フロム・ウルグアイ)』

◆11/20発売の『ラティーナ12月号(2007)』(P.101)より◆●ベト・サトラグニ Beto Satragni『エコロジカル(カンドンベ・フロム・ウルグアイ)』 アルゼンチンで活躍するウルグアイ出身ベーシスト&コンポーザーで70年代よりスピネッタなどロック・アルヘンティーノの大御所たちを支えた屋台骨的存在。今も若手を率いてカンドンベ・フュージョン分野で活躍している。本作は90年代の再編集盤...