fc2ブログ
avatar image

2x4 Tango Tokioブエノスアイレス公演とアルゼンチン映画

CancionDeAbril.jpg 私の隠れ家Bs.As CadaVezQueMeRecuerdesCD.jpg s-ElArranqueCD.jpg
左より「四月のうた」(クアトロシエントス:完売)、「私の隠れ家」(青木菜穂子)、「Cada vez que me recuerdes」(Sayaca)、「EL ARRANQUE」(エル・タンゴ・ビーボ:完売)
(「2x4 Tokio」Bs.As.公演メンバー各自のCDより)



2008年4月のアーカイブス(未公開日記)

日本屈指のスーパー・タンゴ・ユニット、
「2x4Tokio(ドス・ポル・クアトロ・トキオ)」
2008年3月23日ブエノスアイレス公演からの1曲が、大人の音楽専門TV◆ミュージック・エアー MUSIC AIRでTV放送されたと弊ブログ  5/8(木)STB139@東京の予習に!2008-05-02 でも以前ご紹介しました。


その詳細について、少し書いていたものを以下にまとめます。


2008年3月23日「2x4Tokio(ドス・ポル・クアトロ・トキオ)」
ブエノスアイレス公演





メンバー:会田桃子(バイオリン)、青木菜穂子(ピアノ)、Sayaca(歌)、鈴木崇朗(バンドネオン)、東谷健司(コントラバス)
参考: Una noche con la "2 x 4 Tokio"ブエノス公演のお知らせ 2008-03-11(弊ブログ)


 スト参加はオルケスタ・エル・アランケ Orq.El Arranque で何度か来日し、2004年3月には小松亮太オルケスタに特別ゲストとしてソロ来日もしている日本のファンにはお馴染みの素晴らしいヴァイオリニスト・コンポーザー、ラミーロ・ガージョ Ramiro Galloの懐かしい姿や、昨年(2007年)エリカ・ディ・サルボ楽団 Orq. Erica Di Salvo の第1バンドネオン担当で来日した今ブエノスで最も注目すべき素晴らしいバンドネオン奏者フェデリコ・ペレイロ Federico Pereiro(彼は2005年現地のMadero Tangoでの演奏でも印象的でしたが、無精ひげのいかにも若造風だったのが無精ひげも剃ってルックスもすっきり)が参加していました。

RarasPartituras_RamiroGalloCD.jpg ValeTangoCD_Baile (SalonEscenario)_EM-0863
(左)Ramiro Gallo Quinteto 「Raras Partituras」、(右)Federico参加のVale Tango「Vale Tango-Baile」(他に同シリースで2枚あり)

 た、現地エスクエラ Escuela de Tango でヴァイオリン修行を続ける麻場友姫胡(ゆいこ)が第二ヴァイオリンを演奏されていたが、残念ながら柱の影に隠れ見えにくかった・・・。彼女は、日本へ一時帰国時には名古屋・京都を基盤に活動するオルケスタ・アストロリコ Orq. Astroricoの公演にゲスト参加もされています。

 談ですが、先日(2008年)5月29日(木)東京・南青山マンダラ MANDALAで会田桃子率いる「クアトロシエントス」のコンサートが開催された際、麻場友姫胡(ゆいこ)さんが参加されていたそうな・・・(このコンサートを聞きに行かれたMさんの日記で知りました)
パーカッション(海沼)、ボーカル(S.Villarroel)も加わり、アルゼンチン・タンゴにカンドンベ&ムルガなど、ウルグアイのカーニバル音楽~ハイメ・ロス Jaime Roosのウルグアイ・ロックも加わり、一味もふた味も違うライブに仕上がったそうです。

FueraDeAmgiente.jpeg
Jaime Roosのかっこよすぎる最新作「Fuera De Ambuente」(左:Premio Gardel 2008受賞)は
Amazon.comで取扱い有り。試聴はこちら
「Candombe Murga y Rocanrol 」(右)はAmazon.co.jpで(上記CDジャケのリンク先参照)。
ラティーナでも新旧作とも揃ってます。

ラティーナ・ニュースより「ハイメ・ロスの最新作、海賊版に対抗し半額値段でセールス!
(注:半額なのは現地でのお話。)彼はその行動もロッカー、そして真の音楽家!かっこいい!


 
 なみに、4月~渋谷・大阪・神戸で公開後、現在名古屋シネマテークにてモーニング&レイトショー
(後半モーニングショーのみ)上映中のアルゼンチン映画『今夜、列車は走る Proxima Salida』はアルゼンチンのサン・ルイス映画祭で脚本賞を受賞し、その奨学金を得て、映画化実現となった映画です。

 サン・ルイスといえば近年タンゴ・フェスティバルが開催されている街でもあり、前述2x4 Tokioのタンゴ・ヴォーカリスト Sayacaが小松真知子とタンゴクリスタルの招聘に関わり、ご自身も出演したことが記憶に新しいです。 

 弊ブログ関連記事: 小松真知子とタンゴクリスタル&Sayacaのブエノス・コンサート 2005年12月06日

 この映画は、ロケ地の多くがサン・ルイス州で行われましたので、そんなエピソードも思い浮かべながらこの映画を見るとまた違った楽しみが感じられるかも・・・



 た絶対に書かねばならない特筆すべきこと・・・それは、この映画で印象的な若き鉄道員=失業者を演じた若手俳優パブロ・ラゴ Pablo Rago は、上記「2x4 Tokio」でゲスト参加 ラミーロ・ガジョの親しい友人。
彼の名前のついた「Al Amigo Pablo Rago」という曲も作曲しているほど親しい。この曲がまた良い!!!素晴らしい曲なので、パブロの名演にラミーロの名演を重ね合わせて感じるとさらに映画の世界が心に染み入ってくるのではないでしょうか?
(「Al Amigo Pablo Rago」の曲は上記紹介の赤いジャケのCDに収録されています)

 ※映画「今夜、列車は走る Proxima Salida」は、名古屋上映終了後、岡山・京都・帯広・下高井戸も巡回予定・・・見逃した方は公式サイトをチェックチェック!

 才能があって気のいい ラミーロについて 2004/03/30タニィのメールマガジン「アルゼンチンばか」で紹介しています。



 弊ブログ関連記事:
サン・ルイス 第一回国際タンゴフェスティバル詳細  2005年12月06日

六本木スイートベイジル STB 139へタンゴを聞きに行こう!!! 2008-04-16


------------

ブログ・ランキング♪へ
     ▼



♪いま、アルゼンチンがおもしろい♪

アルゼンチン、ブエノスアイレスの風

------------
関連記事
Theme: 音楽のある生活 | Genre: 音楽