fc2ブログ
avatar image

Dulce De Leche ドルセ・デ・レチェ(私的にはドゥルセ・デ・レチェ)

 週半ば、スーパー成城石井に行きました。

ときどき、珍しい食材とかあったりするので、たまに行ってくまなくチェック。


今日のトピックス!

成城石井自家製「DULCE DE LECHE」
Extra Sweetned
日本語での商品名は「ドルセ・デ・レチェ」
価格は699円(税込み)

s-P1210034.jpg

現地での価格から比較すれば高い、と思えますが、日本で美味しいものを作るとなると、このくらいの値段はするんでしょう。日本に輸入されていたドゥルセ・デ・レチェの相場と同じくらい。

とりあえず1個購入しましたが、まだ試食してません。賞味期限は3ヶ月強。



 タカナ表記って難しいのですが、私個人的にはドゥルセ・デ・レチェのほうが原語に近い音だと思ってます。
ネット検索もドゥルセ・・・でやってましたが、意外なことに、検索ではドルセ・・・の方がはるかに多くヒット!dulce ・・・で検索すると海外サイトがヒットしやすくなるし・・・

ハーゲンダッツのアイスクリームDulce de Lecheもカタカナだと「ドルセ・デ・レチェ」。
(余談ですが、2007年までこの商品の話題があったのに、今は公式サイトにはかわって、ビターキャラメル Bitter Caramelがミニカップの商品ラインナップに出ていますね・・・
やっぱりキャラメルという名前じゃないと日本人には味がわかりにくい?
 おまけ:こんな情報も・・・ 
米ハーゲンダッツ、「ドルセ・デ・レチェ」にシナモン風味を加えた新製品を発売(モノメトロ 2007年05月11日より)


 前、成城石井にはアルゼンチンの「ラ・サラマンドラ社 LA SARAMANDRA」社製(片岡物産輸入)の濃厚で現地アルゼンチンでも高級だったドゥルセ・デ・レチェが輸入されていましたが、2,3年前より突如商品棚から、消えちゃったんですよね。

 ラ・サラマンドラ社ドゥルセ・デ・レチェのことを過去に紹介したことがあります。
関心空間「アルゼンチンのドゥルセ・デ・レチェ」

s-DSC_3766.jpg
 して今年、ドゥルセ・デ・レチェ大好きな方が一大発起してアルゼンチンの「ラ・パイラ La Paila」社製ドゥルセ・デ・レチェが日本に輸入された話を聞き、現物を南米映画上映会会場で入手して喜んでいたのでした。

 検索したら取扱っているサイト「VIVAS 南米食品」を発見。




 生キャラメル、塩キャラメル影響を受けてか?お客様のリクエストにお応えしたのか?想像は膨らむばかりですが、とうとう成城石井が自家製でDulce De Lecheをつくり販売しだすとは予想もしていなかった展開。
 Dulce de Lecheがポピュラーになってきた証拠かな?



ちなみにいまのところ、まだ成城石井サイトブログ通販サイトのいずれにもまだ、ドルセ・デ・レチェは紹介されていない様子です。

弊ブログ関連記事:
南米ドキュメンタリー映画『旅 ポトシへ』vol.2 2008-03-18

------------

引き続き、ポッチリ!クリック*クリック♪
お願いします♪
▼   ▼  ▼


♪いま、アルゼンチンがおもしろい♪

関連記事
Theme: 美味しいもの | Genre: グルメ