fc2ブログ
avatar image

MUSICA町だった”無鹿町”

portugal_s.jpg
ポルトガル

12/3(水)のNHK「その時歴史が動いた」
第344回 戦国の十字軍 ~キリシタン大名・大友宗麟の「聖戦」~でした。

歴史は結構好きでしたが、キリシタン大名のことはうっすら記憶にあるかないか・・・

当時のポルトガル人宣教師、ルイス・フロイスが書いた「日本史」がこの番組中で
参考文献として紹介されていました。

ポルトガル語由来の地名・日本語はいまも日本の生活に残っていて、ポルトガル語はラテン語
の仲間なのでスペイン語に近く、な~るほどと思うことが多いのですが、この番組の中で宮崎県
の無鹿町という地名が実は、MUSICA(ムジカ、またはムシカ)から来ている・・・というエピソード
が紹介されていて、不思議な気持ちになりました。

京都の先斗町(ぽんとちょう)も実は「点・先端」の意味であるPONTO(ポント)だとか
(スペ語だとPUNTOプント)、金平糖やカステラもポル語からきているという話もよく聞くエピソード。
関西弁にはラテン語っぽいニュアンスの方言も多いのでより親しみを感じたりも。

ご参考:地名由来問題。先斗町と無鹿町の共通点ってなんなの?


 
関連記事
Theme: ひとりごと | Genre: 日記